タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アラフォーからの英語学習


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

英語論文(文献)の読み方~その1~

2018.01.18(21:26) 16

今日は、ちょっと変わって英語論文の読み方です。
たまには、少しでも役に立ちそうなことを記録しとこうかなと。

英語の論文って正直、めんどくさいですよね。

大学で研究室に配属されてから、大学院、仕事でも英語論文を読む機会があり、それなりの文献を読んできました。

はじめのころは、
単語がわからない→理解できない→眠くなる
という流れに陥り、途中であきらめてしまうこともありました。

しかし、研究室では、論文を紹介する抄読会が行われ、発表者として出番が回ってきます。
毎回、四苦八苦するうちにコツをつかんで早く読めるようになっていきました。

文献は難しいイメージがあるかもしれませんが、専門用語と論文の型を知っていれば読めてしまいます。

私は、教員ではありませんが、論文の効率的な読み方をまとめてみたいと思います。

論文の構成
分野によって違うと思いますが理系の論文は次のような構成になっています。

Title(タイトル)
Abstract(要約。アブスト)
Introduction(導入部分。イントロ)
Materials & Methods(実験材料、方法)
Results(結果)
Discussion(考察)
Conclusion(結論)
References(論文中で引用した参考文献)

どの順番で読んでいくかというと

私の場合は、
Title

Abstract

結果の図や表
を先に読みます。

実験結果は図や表を見れば大体分かります。

ポイントは、はじめに論文の流れをつかんでおくことです。
目的によって目を通す場所が異なりますが、
文献は隅々まで読むのではなく、何について学びたいか考えながら読むことが大切です。
実験の手法を知りたいのか、自分の研究と似ている実験でどのような結果が出ているのかなどです。

読みやすいところ、必要なところから読むようにするだけで、
論文の内容がスッと頭に入ってきます。

頭に大筋を入れてから他の部分を読むと理解が早いと思います。

他の部分の話は、長くなりそうなので、また次回にします。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


アラフォーからの英語学習


<<英語論文(文献)の読み方~その2~ | ホームへ | 朝の勉強>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aichan12dog.blog.fc2.com/tb.php/16-39b1bfd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。